FC2ブログ
 
 
01
12月02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

つむぎの館

Author:つむぎの館
当ページは「つむぎの館」のブログサイトです。
各種イベント情報から、「結城」周辺情報まで幅広くお伝えして参りたいと思っております。

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation(自動翻訳)
検索フォーム
QRコード
QRコード

01/20

【縮展】 結城縮って?

Category : 展示会情報
本日、つむぎの館は休館日。

お客様がいらっしゃる賑やかな雰囲気とはまた異なり、静かな空気に包まれています。




さて、2月4日(土)から古民家 陳列館にて『縮展』がはじまります。


縮画像(ななめ)



ふんわりとした風合いが特徴の結城紬ですが、

実は結城には縮があるんです。

生産数が少なく、市場に出回ることは稀。今では”幻の結城紬”とまで言われています。

今回はその結城縮を一堂に揃えます。それができるのは、産地の卸問屋だからこそ。




そもそも、結城縮ってなんでしょう?



緯糸に強い撚りをかけて織ったものをお湯につけると、ギュッと縮みます。

そうすることで生地にシボ(細かい凹凸)ができ、生地と肌の間に隙間ができて、風通りの良い着心地となります。

これが結城縮です。



結城紬の糸は無撚糸なので、糸を撚ることはあまりしないのですが、

結城縮をつくるときは八丁撚糸機という機械を使って縮専用の糸を作ります。

この八丁撚糸機を扱っている機屋は大変少ないため結城縮の生産数に限りがあり、希少価値が高まっています。



IMG_8287-1.jpg


こちらは「本場結城紬 縮織 タテヨコ絣」

結城紬では、絣の模様として亀甲が有名です。

こちらも亀甲ですが、少し変わっている点があります。


IMG_8282-1.jpg

亀甲がとても大きいんです。

80亀甲で約4~5mmの大きさのところ、こちらの亀甲は約ヨコ7×タテ10mmの大きさ。

ありそうでなかった、個性的な逸品です。

地の色は「土」を連想させ、陶芸作品に通じるような渋みと高級感のある茶色です。


帯と合わせて展示します。

ぜひ、ご覧ください!



『縮展』
とき:2017年2月4日(土)~2月26日(日) 火曜休館
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所:つむぎの館 陳列館

詳しくはこちら→http://www.yukitumugi.co.jp/event/chidimi/