FC2ブログ
 
 
12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

つむぎの館

Author:つむぎの館
当ページは「つむぎの館」のブログサイトです。
各種イベント情報から、「結城」周辺情報まで幅広くお伝えして参りたいと思っております。

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation(自動翻訳)
検索フォーム
QRコード
QRコード

12/18

朝日新聞 「be」 取材

Category : 日記・雑感
朝日新聞の土曜版「be」の取材がありました。

20101218-1.jpg
記者さんと専務

「歌の旅人」という特集記事での取材でした。
主題となる歌は「女一人旅」という、“きょうと~おおはらさんぜんいん”
という歌いだしで始まる歌で、2番に、「結城紬に塩瀬の帯で」という歌詞があります。

結城紬に塩瀬の帯を着て、京都に行くという歌なんですよね。
記事と写真などはどうも京都中心にはなるようですが、着物をどう着ていくか、
というところで結城を取材してくださいました。
※掲載はだいぶ先で、2月の頭になるそうです。

取材では、呉服は斜陽産業とされているけれど、時間をかけて使い込んでいく、
ひとつのものを大事にする、生活を楽しむために着る、こころの豊かさを求める、
素材の良さに意識的になる・・・などなど、
結城紬の“もの”としてのあり方は、むしろ今の時代の潮流に沿っていて、
体現している価値観は社会に必要とされているものだから、
可能性は凄くあるんです、といった話をさせていただきました。

うちの会社には20代~30代の社員が10人くらいいて、職種や会社全体の
社員比でみると比較的若い人が多いといえますが、それはやっぱり皆そういう
可能性とか魅力をどこかしら感じてるから働いているんだと思います。

私はもともと美術や文学は好きでしたが、ここで働くまでは着物とは全く無縁でした。
でも知ったら好きになって、楽しくなって、着るようになったので、
いつでも着物を着始める可能性というのは開かれていますよ。

20101218-2.jpg

また、結城紬を身近に感じてもらう企画の一つとして。
「織って染める1日体験教室~ふんわりあったか真綿マフラー~」

ひきつづき、お申込み募集中です!

sekine
スポンサーサイト



 
  • « new
  • Home
  • old »