FC2ブログ
 
 
02
01月03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

つむぎの館

Author:つむぎの館
当ページは「つむぎの館」のブログサイトです。
各種イベント情報から、「結城」周辺情報まで幅広くお伝えして参りたいと思っております。

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation(自動翻訳)
検索フォーム
QRコード
QRコード

10/21

結城紬の細工展を終えて

Category : 展示会情報

9月2日より開催していた『結城紬の細工展』


細工展DM



約一か月間の開催期間を終え、10月1日に閉幕いたしました。

会期中は、多くのご来場を頂きまして誠にありがとうございました。



二百亀甲細工・二百五十亀甲細工のほか、今では織ることのできない

貴重な結城紬をご覧いただきながら、職人の技術や思いに

耳を傾けていただき、心を動かされる充実した時間を

お客様と共有させて頂きました。








今回、改めて感じることができたのは、

ものが生まれるまでにはストーリーがあるということ。


結城紬の場合には、歴史、デザインに込められた思いや

職人のものづくりに対する姿勢、また、その仕事に関わる

家族や仕事仲間など周りの人々の思いも重なっていきます。




今回の企画展では、制作の裏に隠された技術や思い出を垣間見ることができ、

結城紬という“もの”に眠る、さまざまな人のドラマを感じられる一か月間となりました。


IMG_3852-1.jpg


IMG_3855-1.jpg





40以上ある結城紬の工程のなかで、国の重要無形文化財にも指定されている代表的な技術が

「糸つむぎ」「絣くくり」「地機織」の三つです。




そのなかで、「絣くくり」の実演を陳列館にて行いました。

お願いしたのは、坂入則明さん。



DSC_0082-1.jpg
絣くくり



坂入さんは紺屋(染屋)として染めを生業としていますが、

絣くくりや織もできる稀有な職人です。

美しい一反の織物をつくるために色を追求し、

肌理の美しいふんわりとした布に仕上げるために

妥協を許さない、“こだわり”の人。



そんな坂入さんにお願いし「絣くくり」だけでなく、

実演ではなかなか見る機会のない「刷り込み」という染色の技術も見せてもらうこととなりました。



DSC_0158-1.jpg
刷り込み




「絣くくり」は糸の段階で文様となるところを木綿糸でくくって染め分ける方法です。



一方、「刷り込み」は糸に刷り込み棒(細いヘラの様な棒)

を使って直接染色をする方法です。

一度刷り込んでしまうと、消すことはできないので

失敗は許されない、大変難しい技術です。




DSC_0191-2.jpg


普段間近に見ることはできない技術を見て体験する

ことによって、ご参加頂いたお客様はとても感動されていました。







「大変かもしれないけど、できあがったときの快感は大きい。

やっているうちに大変が快感になるときがくる。」

最後に坂入さんは仕事についてこう語りました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





結城紬の歴史のなかで、最も柄が細かいもの。

それは本場結城紬 二百五十亀甲細工です。

IMG_2389-3.jpg
(糸つむぎ:複数名  絣くくり:谷澤雄一  地機織:武田かよ子  デザイン:奥順株式会社)



この二百五十亀甲が完成するまでにどれだけの歳月が流れ、

苦悩や喜びがあったでしょう。



各工程の素晴らしい技術が集結し生み出された

逸品は、個性を超えた普遍性をまとっています。




そんな逸品が生まれる過程を妻として、

または同じ職人として傍で見ていた、

故谷澤雄一さんの奥様・和子さん。


IMG_4299-1.jpg



旦那さまとの思い出を振り返り、

「やっぱり仕事が好きだったんですね。」と語られました。



責任感の強い雄一さんは、病気で入院中もずっと

仕事のことを考え、和子さんに糸を持ってきてもらって、

細かく仕事の指示をしていたそうです。


二百五十亀甲の絣くくりに取り組んでいるときは、

他の反物には手を付けず、一対一でひたすら向き合い、

取り組み続けて完成させました。


IMG_4308-1.jpg


鍛錬に鍛錬を重ね磨き上げた技術を以て、

極限の集中力を求められる絣くくり。



過酷な仕事の世界に没頭するあまり

一日の仕事を終えても張り詰めた緊張感を

感じるときもありましたが、苦悩を乗り越えて

できあがったときは家族みんなで喜びあったそうです。






今、結城紬があるのは産地の職人がいるからこそ。

各工程のどれが欠けても出来上がることはありません。



この素晴らしい布を次に受け継いでいくことが、

私たちの使命だと職人さんの思いに

ふれることによって改めて感じました。





奥澤


 
10/14

奥順のアンティーク着物展 -ANTIQUE KIMONO COLLECTION-

Category : 展示会情報


ときめくデザイン
 

IMG_4715-2.jpg

 
時間が経ち、増す”風合い”。

それは、肌の触れる感触であり、

着れば着るほど柔らかく育っていく

ことによって生まれた布の生きざま。

時間が経ち、増す”個性”。

それは、目で楽しむ色合いや、

今の時代では表現されないような

デザインが生まれながらに

持ち合わせた布の力。

 
奥順株式会社先代社長 奥澤順が

こよなく愛した古き良き着物。

そのコレクションのなかから

選りすぐりの紬をご紹介します。

長い旅路を生き、たどりついた着物たちを

どうぞご覧くださいませ。

※アンティークのため、シミ、シワ等ある商品もございます。




IMG_4735-2.jpg



【奥順のアンティーク着物 -ANTIQUE KIMONO COLLECTION-】

とき 平成29年11月4日(土)~11月19日(日) 火曜休館
   9:30~17:00(入場は16:30まで)

ところ つむぎの館 陳列館 
※貸切となる場合がございますのでご了承ください。



 

 
 
同時開催【石下結城紬のお得市】

とき 平成29年11月4日(土)~11月19日(日) 火曜休館
   9:30~16:30(入場は16:00まで)

ところ ギャラリー&カフェ 壱の蔵

詳しくはこちらです→http://www.yukitumugi.co.jp/event/ishige_otokuichi/


 
09/28

【企画展】思い出つむぐ ペアで楽しむきもの

Category : 展示会情報

とっておきの思い出に。

IMG_2730-2.jpg



友達やご夫婦、カップルで「きものでおでかけ」

してみたいと思ったことはありませんか?

結城紬をはじめ、紬はしゃれ着として普段楽しめるきものです。

買い物、観劇、お食事など、身近な場所に着て行けるので、

気軽に楽しんでいただけます。

あの人ときものを着てみたいとお考えの方

一緒に素敵なきもの日和を過ごしてみませんか?



 
【ペアで楽しむきものイベント】

●女性ペア限定!『車屋美術館&RISTORANTE Biancaランチ』

間々田の車屋美術館にて写真展鑑賞後、ランチへ。素敵な休日を一緒に過ごしませんか?
今回は結城紬はもちろん、他産地の紬または小紋でご参加頂けます。
 
とき 10月15日(日)10:00 結の見世集合   15:00頃 解散予定

料金 5,500円(1名様)

定員 8名(要予約)※2人1組 ※お持ちの着物を着てご参加頂ける方限定

申込方法 電話(0296-33-5633)または店頭にて受付。9/15(金)9:30より受付開始。

 
 

●カップル&ご夫婦限定!『特別な一日に。hitohi』

素敵なカフェへおでかけ。今回は小山市のhitohiさんへ。
ゆったりとした雰囲気が魅力です。旬の素材を使ったお料理を堪能しながら
着物談議に花を咲かせましょう♪

今回は結城紬はもちろん、他産地の紬または小紋でご参加頂けます。
 

とき 10月28日(土)10:30 結の見世集合   14:00頃 解散予定

料金 4,000円(1名様)

定員 6名(要予約)※2人1組 ※お持ちの着物を着てご参加頂ける方限定

申込方法 電話(0296-33-5633)または店頭にて受付。9/15(金)9:30より受付開始。

 


IMG_2560-2.jpg

 
08/06

期間限定 特別展示「200亀甲細工&250亀甲細工」

Category : 展示会情報
結城紬の細工展の開催に伴い、本場結城紬染織資料館「手緒里」では
通常非公開の本場結城紬 200亀甲細工と250亀甲細工を展示いたします。

※日程が前期と後期で分かれていますので、ご注意ください。
 


【200亀甲細工】2点同時公開

前期:9月2日(土)~15日(金)火曜休館
   9:30~17:00(入館は16:30まで)

IMG_2384-3.jpg


デザインから織り上げるまで、ありとあらゆる技術が集結してできあがる結城紬。
そのなかでも、特に卓越した技術が必要とされる二百亀甲細工を
2点同時に公開します。
 


 
特別展示【250亀甲細工】

後期:9月16日(土)~10月1日(日)火曜休館
   9:30~17:00(入館は16:30まで)

IMG_2389-3.jpg


もはや伝説。
結城紬の歴史のなかで、最高の緻密さを誇る二百五十亀甲細工を6年ぶりに公開します。
人の手がつくりだす、美の極致をぜひご覧ください。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


トークイベント開催!
「二百五十亀甲細工 絣くくり 谷澤雄一さんの奥様 谷澤和子さん 」


二百五十亀甲細工がつくられる過程を同じ職人の目線で見てきた谷澤さん。
当時の思い出や苦労話など、制作秘話を語ります。
大変貴重な機会ですので、お誘いあわせの上、どうぞご参加ください。
 
とき 平成29年9月18日(月祝)10:00~11:00、14:00~15:00
ところ つむぎの館 陳列館 
料金 無料 
定員 20名(要予約。場合により、当日参加可)
申込方法 電話(0296-33-5633)または店頭にて受付。8/11(金祝)より受付開始



【結城紬の細工展】
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.yukitumugi.co.jp/event/saiku2017/




お問合せはこちらまで
つむぎの館 0296-33-5633
 
08/05

結城紬の細工展

Category : 展示会情報
伝統と革新

IMG_2451-3.jpg



結城紬の歴史に絣が登場しはじめたのは、明治時代。

それまで主流だった無地や縞にさらなる表現が加わり、結城紬の新たな時代が幕を開けました。

技術向上への飽くなき探究心はより精緻な細工絣を生み出し、

ついには今まで見ることのなかった、多様な文様が生まれました。

今、その技術は“伝統”という大きな土台となり、

結城紬はデザインの力によってさらに昇華され、

現代のファッション感覚でも楽しめるように変化しています。

“伝統”、そして現在も進歩し続ける“革新”の結城紬をぜひご覧ください。


IMG_2128-3.jpg



【結城紬の細工展-伝説の「二百五十亀甲細工」特別展示-】

とき 平成29年9月2日(土)~10月1日(日) 火曜休館
   9:30~17:00(入場は16:30まで)

ところ つむぎの館 陳列館 
※貸切となる場合がございますのでご了承ください。




【関連イベント】
・トークイベント「結城紬って素敵!着物好きにずっと愛される理由」


結城紬って着たことないけど、何がそんなにすごいの?愛されるのには理由があります。
ほぼ毎日結城紬!この道50年のMr.結城が熱く!そして楽しく、大好きな結城紬について語ります。
 
とき 平成29年9月2日(土)14:00~15:00
ところ つむぎの館 陳列館 
料金 無料
定員 20名(要予約。場合により、当日参加可)
講師 奥澤武治(本場結城紬染織資料館「手緒里」館長)
申込方法 電話(0296-33-5633)または店頭にて受付。8/11(金祝)より受付開始

社長画像-1

 
 
・実演「絣くくり」「染色」

絣をつくるには“絣くくり”や“刷り込み”という技法が用いられ、美しい模様を織りだすための
要となる工程です。今回は特別に現役の職人による絣くくりの実演を披露!
実際に染めて、絣糸ができあがるのをご覧いただけます。
生では滅多に見られない、珠玉の技術をぜひ目に焼き付けてください。
 
とき 平成29年9月10日(日)10:00~11:30、14:00~15:30
ところ つむぎの館 陳列館 
料金 無料 
定員 15名(要予約。場合により、当日参加可)
申込方法 電話(0296-33-5633)または店頭にて受付。8/11(金祝)より受付開始

絣くくり-1



【同時開催】期間限定 特別展示 200亀甲細工&250亀甲細工
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.yukitumugi.co.jp/event/kikkou250/




お問合せはこちらまで
つむぎの館 0296-33-5633