FC2ブログ
 
 
10
09月11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

つむぎの館

Author:つむぎの館
当ページは「つむぎの館」のブログサイトです。
各種イベント情報から、「結城」周辺情報まで幅広くお伝えして参りたいと思っております。

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation(自動翻訳)
検索フォーム
QRコード
QRコード

04/25

結城紬とメコンの国の絹織物、中国の麻

いよいよ明日から結城紬の縮・夏もの展が始まります。

展示会にむけて作った、結城紬×PONNALETオリジナル夏帯。
今回は手つむぎ糸・手織りの本場結城紬をワンポイントで入れてもらいました。


20140425-1.jpg


今回も、とっても素敵な出来栄えです。
表はシルクオーガンジーを中心に盛夏まで使える素材感、裏は単衣の時期に使える
素材感で、季節や気温、コーディネートにあわせて何通りも楽しめる仕様になっています。


着こなしのイメージとして、凛としているけれど可愛げのある大人というのがあって、
このオリジナル帯はそれを叶えてくれるものとして作っています。


到着して箱を開けると同時にスタッフの歓声があがって、
それはもう私としてはとても嬉しいことですし、こうしたものに関われる仕事ができて
ありがたいなぁとしみじみしたりもしました。



伝統工芸に関わる仕事をしていると、どれだけ手間をかけて作っているかが“お決まり”の
話になって、なぜそれが良いのかが抜けてしまうことが多々あるように思いますが、
PONNALETの帯、青土の麻帯、そして結城紬の並んだ展示会場を見渡すと、
手仕事の良さ、手織りの布の力を改めて感じます。


なんだか、展示空間にいることがとても気持ちが良いのです。
10代の身体が体力に満ちてぱーんとはじけそうだった頃はこういう感覚に乏しかったけれど、
年齢を重ねるごとに素材の良さ、丁寧に作られているものの良さに敏感になるような気がします。


20140425-3.jpg


初夏のとても良い季節、ぜひ多くの方に足をお運びいただきたいと思います。



関根

スポンサーサイト



 
03/28

春が来たら、夏への備え


毎年たいへんご好評頂いている浴衣染め。先日無事に広報用の写真撮影を終えました。


20140326-1.jpg


私と田中が着ているのは昨年の「咲かせろ!浴衣花絞り」のもの。
今年の浴衣にいろどりを添えようということで、久しぶりの登場です。


いつもは白い半衿がのぞく首元が浴衣だとすっきり。
きものよりもカジュアルで気楽で、涼感のある浴衣。
まとうと夏が待ち遠しくなって、季節感ある和服の良さを改めて感じます。


すっかり春めいているこのごろ、
日差しの強さに夏を予感する日もこれから増えていきそうです。


夏を迎える準備として「自分で浴衣を染める」、
この上ない贅沢な楽しみだと思います。


これから詳細情報を随時お知らせしてまいります。
今年の浴衣染め体験、ぜひご期待ください。



関根


 
03/19

新作発表「薫花(かおる)展」 開催中

20140319-10.jpg


こんにちは。
はじめまして、つむぎの館スタッフの岩出です。


ただいま開催中の“薫花展”結城紬新作発表展の展示を担当させていただきました。

昔ながらのこれぞ結城紬と感じるものとは異なる、
新しい色と柄で表現しております。


皆様に楽しんでいただき、結城紬を是非着てみたい
と思っていただけるように心がけました。


これが結城紬なの?と驚かれる新しい出逢いをしていただけます。


結城紬は見るものではなく着るものですので、
是非、着ごこちの良さを知っていただき結城紬の虜になっていただきたいです。


伝統を残しつつ、新しく発展する結城紬を楽しんでいただける
“薫花展”になっております。


今週末、23日(日)まで開催しております。

皆様のご来館、お待ちしております。


岩出


20140319-12.jpg




 
03/15

【結いのおと】イベントレポート


平成26年3月1日(土)開催の市内音楽イベント「結いのおと」は、無事に開催できました。


20140301-17.jpg 20140301-15.jpg 20140301-16.jpg
20140301-14.jpg



春の柔らかな雨の降る中の開催となりましたが、
つむぎの館には曇り空を明るく照らす色鮮やかなお店がずらりと並びました。



20140301-13.jpg 20140301-12.jpg

中庭には、
手ぬぐい移動販売カーのCARまわぬ(かまわぬ)さんが
菜の花や山菜、晴れ渡る富士山!等々・・・春を連れてきてくださいました。


20140301-11.jpg 20140301-10.jpg 20140301-9.jpg

織場には、
焼き菓子のSilence(シロンス)さん。
だるまの武藤夕佳(むとうせっか)さん。
布で作ったアクセサリーのアトリエ原始人さん。
布で作った人形のくにはらゆきこさん。
可愛い・楽しい・美味しいが大集合!


20140301-7.jpg 20140301-8.jpg

結の見世テント屋根の下には、二葉カフェさん。
コーヒーにボルシチ等々・・・暖かい食べ物・飲み物で皆様をお迎え。
おみやげにピクルスも大好評でした!


当日の出店場所の移動もありましたが、雰囲気はピッタリで驚きでした。




そして、環境が整ってくるのに従い続々と人も集まりはじめ
ライブ会場の陳列館前も入場を待つ人でにぎやかに。


20140301-2.jpg


ライブが始まると、にぎやかな人の感じからしっとり落ちついた感じになっていきました。

しかしながら楽しい時間の始まり。




奥順の老舗の重厚感と音楽の軽やかさの魅力的な空間となりました。

20140301-6.jpg 20140301-5.jpg 

tamamixさん+永見行崇さん。

青谷明日香さん。

20140301-4_201403091504078c0.jpg

シーナアキコと薔薇の木さん。

20140301-3.jpg

Chopiiinさん。


4組のアーティストの方々の音楽と結城紬とのコラボレーションは、
ウクレレ・ピアノ・マリンバ・その他の様々な楽器や歌声が結城紬となじみ、
癒しのひと時でした。




着物での演出やリハーサル、ライブ中のお客様との距離感等々
イベントを盛り上げるためのお気持ちに感動しつつ
街のつながり、人のつながりを感じました。



気温も低く外は寒かったですが、心温まるイベントとなりました。


20140301-1.jpg

足を運んで下さったお客様やご協力頂きました関係者の方々に感謝申し上げます。
なごりおしいですがまた来年が楽しみです。

岡安
 
03/06

「場」をつくること

先週末の「結いのおと」と「物産祭り着付け体験」に
ご来場・ご参加頂きました皆さま、本当にありがとうございました。


「結いのおと」は結い市を企画する結プロジェクトが初めて行った街中音楽フェス、
つむぎの館も会場となり、多いに賑わいました。

雨が降り気温も低い中、多くの方が来て下さり、たくさんの笑顔を見ることができました。

運営していた私達が何より楽しんでいて、もちろん内輪ノリ的なことではなくて、
アーチストの皆さんがきものを喜んで着てくださって嬉しい感想をたくさん下さったこと、
出展者の皆さんがお客さんとのやりとりや、つむぎの館の空間を楽しんで下さったこと、
うれしい気持ち、楽しい気持ちが循環して、まわって、どんどん盛り上がって高まって、
そういう「場」にいることそれ自体が楽しいような、そんな満足した気持ちを味わっていました。

20140304-1.jpg
ステージのトリを飾ったchopiiiiinさん。本場結城紬の100細工をお召頂きました。


私の仕事は、そういう「場」を作ることだと最近思うようになりました。
結城紬があり、それに関わる様々な人の持ち味があり、
それが両方生きて、他にない特別な場になる、そういう場を作ること。


「素材をいかす」という価値観に何より惹かれて、結城紬に携わる仕事を
していますが、上に書いたこともやはり、大きな意味で「素材をいかす」
ことなんだと思います。


すでにここにあるものへの敬意、存在への敬意。
言葉が大きくなっているけれど、根本にあるのはたぶんそういうものです。


ハイデッガーを読むことに再挑戦したい気分になって、今日はここまで。

各企画の報告レポートはまた改めてお伝えします。


関根